院長のブログ

院長のブログ

院長の高校時代の思い出

2020年11月26日

大阪府立泉陽高校時代、

入学式に、講堂で開催され、心に、学年1番、そして、医学部現役合格を、誓う。

それがなんとなく現実になる雰囲気が、漂っていた。

部活はせず、4時に校門を、出て自宅に帰って、昼寝そして、食事。

それから4時半英語数学を中心に、1年から、受験勉強した。

11時半には、ラジオ講座、ハリス講師や、色々な面々。

1年生冬には、校内模試1番になった。

マラソンに参加し、470名169位。

秋のバザールでは、エレキギターが、市民会館に響きわたった。

3年3学期、を終え、大阪市大医学科の試験、

天王寺高校の講堂で、11.4倍の倍率ー冬の風を感じながら、無欲の勝利だった。

もちろん恋愛もあったが、牧歌的な高校時代の思い出がある。

 

IMG_0600

堺市の院長の実家

院長と丹後地域

2020年11月17日

この地域に住んで、はや、13年以上になる。

大江山峡から、野田川の水は清く、たくましい50cm から60cmぐらいの、鮭が、水しぶきをあげている。11月初旬。川辺沿いに、覗くこむように、川底を、2-3人の人々が、また今年もかとばかり。

少し日が陰ってきた感じがする。3時ごろ、山々の紅葉の時期は、未だか?
この地域は、くっきり晴れたかなあと思うと、突然パラパラと雨が降る。そして雨が上がると、虹を見る。しばらく経つと曇りの日が続き再び雨が降り始める。
弁当忘れても、傘忘れるな。という地域である。まさに、山陰に近い。

与謝野町、金屋、滝、与謝の地域は、すでに空き家が増えて、人口も減少、
それより、北の後野、加悦に、ちりめん街道が続き、時々、はたを織る、音が聞こえる。
それより、北に行くと、スーパーがある、また、郵便局、学校。

65才以上の人々が、30%以上、介護医療福祉の点では、都会の、10年先を走っている。
診療所も、恵まれている。当クリニックは、後野にあるが。外来は少し、在宅患者さん中心の在宅支援診療所である。

 

IMG_0609

院長の月日

2020年10月29日

月日が経つのは、早いもので、もう13年5月、開業してたちました。

私の年も、71歳、コロナ禍で、黙々と、往診と外来を、続けていますが、ちょと咳が出ると、うがいをする生活、

睡眠時間も、6時間、生活習慣を、整えて、ちまちませず、アルコールを、たち、今は、ノンアルコールのみ、

旅行も、グルメも楽しみは、以前ほどのものではなく、控えめに、さらに、心に決めました。

開業も少なくとも後5年いや80才までか、昔のの一句

~なにしおわばいざ事問わむ都鳥我思う人はありやなしや~

IMG_0587

2020年04月24日

新型コロナウイルス発生で、

世の中の風土、風習が、ガラリと変わる、

そんな今年の正月、日航ホテルで、

 

EWVCi4QVAAITCzA

院長の特任指導医

2019年11月13日

この9月26日に名古屋にて、

総合診療領域の特任指導医講習会のレクチャーを受けることができました。

この領域の専攻医は、全国でも少なく人気ない領域ではあります!

しかし実地医家には、なりたいと言う意見がある為

他科から専門医になりたいと言う要望があります。

今後どうなるかはわかりません。

院長、幾たびか苦難を乗り越えて。

2019年09月11日

1ヶ月程入院しておりましたが無事退院しました。

皆様には誠にご迷惑をおかけしました。

これからもよろしくお願いします。

IMG_0481

院長としての自信

2018年03月23日

あるバリウム像を見て診断したのが、院長としての自信につながる。

胃がんのみ、と診断した。

その患者は、胃がんと大腸癌のオーバーラップと診断されていた。

さっそく京都大学に送った。

胃がんのみで、手術のみで、根治した。

私は、小学校から、バリウム像を見て育った。

IMG_0221

院長の響いた言葉

2017年11月22日

ある日開業が軌道に乗った時、

日計表を見て家内が言った。

「ーお父さんよかったね」と。

あれから、何年も経った。

人生で、一番響いた言葉である。

院長の10周年

2017年06月07日

先日、宮津ロイヤルホテルで、

院長の10周年を、祝う会を、みんなで、開いてもらいました。

感無量、また明日に、向かって。

18446844_1150880511704840_5588869135098731919_n

18446581_1150880565038168_924671528974517788_n

 

院長の感ずるニュース

2017年04月03日

現代型資本主義の終わりをー感ずるニュースばかりです。

次は、一体どんな時代が、来るのでしょうか?

 

16996133_1080049562121269_2790493634545094771_n

京都府与謝郡与謝野町 内科・消化器内科・小児科・心療内科  木村内科クリニック

京都府与謝郡与謝野町 内科・消化器内科・小児科・心療内科  木村内科クリニック

木村内科クリニック

全日本病院協会 準会員施設
日本病院総合診療医学会認定施設
地域包括医療・ケア認定施設

診療科目

内科、消化器内科、小児科、心療内科、
精神科、リハビリテーション科

所在地

〒629-2404
京都府与謝郡与謝野町後野
643-7

TEL:0772-43-2134
FAX: 0772-43-2134

  • 北丹後鉄道「野田川駅」より
    車で約10分

マップを見る


このページの先頭へ